脂肪や老廃物などが絡み合い脂肪の塊

脚のむくみは、立ち仕事をしている人や一日中座りっぱなしの人などに非常に起こりやすい症状となります。
また脂肪による足太りというのは特にセルライトが原因となっています。

 

悩みのセルライトというのは、血行が悪くなってしまうと皮膚の下の脂肪細胞が肥大化してしまい、脂肪や老廃物などが絡み合い脂肪の塊のことを言います。
多くの女性はすでに知っていることかと思いますが、脚痩せにはセルライトの除去が非常に重要なのです。脚痩せを原因を理解していないまま、食事制限をしてしまったり運動をして脚痩せを実現出来てもすぐに元通りになってしまうことになります。
足が太くなってしまう原因としましては、むくみと脂肪と筋肉があり、この3つを解消することが出来れば脚痩せは可能だと言えます。 美容という言葉を利用した詐欺的な行為をしている悪質業者が最近になって増えてきています。
雑誌やインターネットなどで「絶対に美しく慣れる」なんて宣伝文句を100%信じて良いワケではないのです。



脂肪や老廃物などが絡み合い脂肪の塊ブログ:11月20日

シェイプアップに励んでいても
「体重が落ちなくなった…」
ということは誰にでもあります。

ここで多くの人がやってしまうパターンが、
さらに摂取カロリーを減らしてしまうことです。

これをやってしまうと、
代謝も極端に低下して、より体の脂肪が落ちなくなります。
摂取カロリーを減らしすぎるのは
シェイプアップには逆効果になるので、
絶対にやってはいけません。

体の脂肪が減らなくなる一番の原因は、
体が摂取エネルギーの減少に適応してしまうことです。

なので、
食べる事の摂り方に変化をつけることが
シェイプアップ効果を上げるのです。

多くの人は、
摂取カロリー量を制限する場合、
「減らすこと」しか頭にありませんが、
実は「増やすこと」が大きなポイントとなります。

例えば…
24時間1500キロカロリー食べている場合、
1週間のうち2日間、
摂取カロリーを200〜300キロカロリー程度増やします。

この時、
炭水化物でカロリーを増やすのがポイントとなります。
おにぎり1〜2個程度のご飯を
いつもより多く食べるようにするのです。

2日間、炭水化物でカロリーを増やしたら、
またもとのカロリー量に戻します。

5日間は1500キロカロリーで、
2日間は1800キロカロリー摂る、そしてまた1500キロカロリーに戻す。
このようなサイクルで食事を摂ります。

こうしてカロリーを増減した食べる事を行うことで、
エネルギー・レベルを高く保つことができるので
炭水化物を常に制限している場合よりも、
速いスピードで体の脂肪を落とすことができるのです。

シェイプアップではカロリーを「減らす」だけではなく、
時には「増やす」ことも重要なポイントとなるのです。


ホーム サイトマップ